平成29年8月2日水曜日

CHHAU from "Dances of India" チャウダンスについて

私の人生に突然舞い込んできたこのダンス。

去年ヴァラナシ滞在中、ダンスが大好きなサラスワティの3歳の誕生日にシェンが買ってきたこの本が、私とチャウと出会わせるきっかけに。

チャウの部分を訳してみました。


チャウ(現地ではチョウと発音)は、東インド、オリッサ州のマスク(仮面)ダンスは、武術に起源を持つ。チャウという言葉は、サンスクリット語のチャヤ、陰(かげ)に由来し、ダンサーがつけるマスクと関連している。ビハールと西ベンガルのチャウはマスクをつけて踊るが、マユルバンジのチャウは使用しない。伝統的には男性によって踊られ、オリッサのシヴァ崇拝と関わっている。床より高い舞台は必要とせず、地面でまわりに観客が座った状態で踊られる。

本質的には部族ダンスであり、太古の昔に太陽神を喜ばせるために行われた。この形式のダンサーの動きは、高いレベルのコントロール、バランス、スキルを必要とし、片足を胸の高さまで上げた状態で体の回りを回旋させながら、もう片方の足でバランスをとる。

ビハールのチャウは、綺麗なマスクをつけて踊られ、夜、月、太陽、自然などをテーマにしている。非常に叙情的なスタイルのダンスで、女性的側面を持つ。

西ベンガルのチャウは、精力的な踊りで、手の込んだマスクと頭飾りが使われる。とても男性的な踊りで、高いジャンプ、宙返りや何度も繰り返される回旋を伴う。ダンサーは男性で、強いスタミナとテクニックにおけるコントロールが要求される。ダンサーは、ガネーシャ、ドゥルガー、シヴァなどの神話のキャラクターを演ずる。このダンスの主な目的は、正義は悪に打ち勝つということを示すことにある。

伴奏音楽は、北インド古典音楽のラーガを土台とし、楽器は、ドールという太鼓や、シェナイという笛を用い、ダンサーの動きに力を与える。


Chhau or the mask dance of Orissa in eastern India had its origin in the martial art form. The word chhau originates from the Sanskrit word chhaya or shade in reference to the mask that the dancer wears. While the Chhau dance of Bihar and West Bengal makes use of the mask during the dance, the Mayurbhanj Chhau does not use masks. It is performed traditionally by men and is related to the Shiva cult in Orissa. No dais or raised platform is required as the dance is performed on the ground and the audience sits around the performer.

It is essentially a tribal dance performed in the olden days to appease the Sun-god. In this form, the dancers use movements that require a high degree of control, balance and skill. One leg is raised to the level of the chest, rotating it around the body while the dancer stands balanced on the other leg.

The Bihari Chhau is performed with pretty masks on and the dance is based on themes like the night, the moon, the sun and Nature. It is an extremely lyrical style of dance, almost feminine.

The West Bengal Chhau is performed with great vigour and with very elaborate masks and headgear. It is a very manly form of dance and entails leaps in the air, somersaults and twirls again and again. The dancers are male and require strong stamina and control over technique. The actors play the roles of Ganesha, Durga, Shiva and other mythological characters. The prime objective of this dance is to show that evil forces are vanquished by righteous forces.

The accompanying music is based on Hindustani raga and instruments like dhol, drums and shehnai provide vigour to the dance movements.

                                                                                               (From "Dances of India" by Arkriti Sinha)

0 件のコメント: