平成30年8月9日木曜日

帰国のお知らせ

帰国のお知らせ
9月20日から10月30日まで日本に帰ります。

まずは、京都へ。ドゥルパド声楽の師、リトウィク・サンニャル氏の来日イベントに同行し、通訳やお手伝い全般させていただきます。ワークショップとコンサート、詳細はこちらをご覧ください。
https://dhrupadjapan.org/sacredvoice2018/

さらに、新キャラの踊るサドゥ、ヨゲーシュワリ・ギリ、日本で初公開です。ダンス出演や、ヨガ、インド剣舞やシヴァの舞のワークショップの依頼も受け付けています。こちらもどうぞよろしくお願いします。

https://www.facebook.com/ChhauDance/

日本の皆様に会えるのを楽しみにしています。

Om Namah Shivaya 🔱

Yogeshwari Giri & Yuki Taniguchi 

平成30年8月6日月曜日

チャウダンスと私 3 ヨゲーシュワリ・ギリの誕生

 話はさらに遡る。

2010年、ハリドワール。

3ヶ月に及ぶフェスティバル、クンバメーラでは、インド全土からサドゥ達が大集合し、聖者の恩恵にあずかろうとする観光客で街は溢れかえる。

以前からババ達とまったり過ごすのが好きだった私は、毎年通っていたリシケーシュから近いハリドワールでクンバメーラが開催されたその年、ババ達とキャンプの日々を過ごす。



クンバメーラで会った、親しくしていたババの一人、シヴラージ・ギリ。
ガンジス川沿いにテントを持つババで、そこで時間をともに過ごし、ご飯をもらい、時々突発的な彼のパフォーマンスで彼がヨガやドラムなどする中、楽器を弾いたりした。

ババは、ある日突然私にイニシエーションを与えると決め、びっくりして、「え!ちょっと待って、それやっても子供できる?」と聞くと、イエスとのことだったので、合意した。私の髪を少しだけ切って、ガンガーに流し、ヨゲーシュワリ・ギリと名付けた。



7年が経った。チャウダンスが人生に突然舞い降りて、シヴァの衣装をまといシヴァを踊るという思いもしなかった展開へ。
私の意思を超えた偉大な力への畏敬の念とともに、もうどうにでもして、と笑って眺めている自分がいる。

ヨゲーシュワリ・ギリは7年の眠りの後、目覚めた。


平成30年8月3日金曜日

チャウダンスと私 2 グルのもとへ

チャウダンスと出会った後は、チャウダンスについて調べつつ、ビデオを見ながら独学の日々。

とりあえず全体の流れについていけるように体を鍛える。

そしてビデオの女性、Ileana Citaristi女史のことを調べる。パドマシュリーというインド政府からの文化勲章を外国人で初めて受賞したオディッシーダンサーであり、同時にチャウダンサーとしても評価されている。そんな彼女に、勇気を出して Eメールを送る。

シヴァの踊りをあなたから学ぶことは可能ですか?と。

すると、可能との返信。

翌年3月に、泊まり込みの個人レッスンを受けにブバネーシュワルへ行く事に。

でも直前、先生の都合で、当初の予定から3日遅れて来るよう言われる。

2017年春分。宇宙の26000年のサイクルが新しく切り替わったと言われる日。
多くの人が抗いようのない力で変容を迫られていた時だと思う。
この春分の日にトレーニングが開始されるという流れにも、ちょっと鳥肌。破壊と再生のシヴァを感じて。

3月末のブバネーシュワルは、気温42度の日々。

フラフラで、吐き気を催しながら、厳しくみっちり教えていただく。

最後には先生の方から突然、シヴァの踊りのパート1は衣装をつけて披露しても良い、と。

もの凄い速い展開に驚きつつも、しっかりやりなさいという励ましと受けとる。


チャウダンスと私

出会いは突然やって来た。

2016年、ヴァラナシ。サラスワティの3歳の誕生日に、ダンスが大好きな彼女のためにシェンが買ってきた本、『Dances of India』。


最初のページに、色々な古典舞踊が写真付きで載っていた。


その中で知らないのが二つ。

アンドラ・ナティアムとチャウ。

普通インドの古典舞踊は、この二つを除いて6つまたは7つと言われる事が多いけれど、この本では一緒になっていた。

アンドラ・ナティアムは、名前からして、アンドラ・プラデーシュ州の踊りと考えられる。

では、チャウって?

疑問に思った私は、とりあえずYoutubeを検索。

最初に見たビデオに、衝撃を受ける。

それは、80年代って感じの古い映像で、外国人らしきとても美しい女性の踊る、半端ない力強さと美しさ、そして妖艶さと奇妙さも相交わったシヴァの踊りだった。


インドの古典舞踊と分類されるもの7種類は、インドを旅する中でとりあえず全種類鑑賞したが、これは雰囲気がかなり違う。

片足を胸の高さまで引き上げ、もう片方の足で回旋しながら、次々にシヴァのポーズをとっていく。瞑想的でありながら、かなりアクロバティック。

うわー、なんて難しそうな踊り。

まじですか、これですか。これをやれって言うんですか、女神様。。踊らされることはわかっていましたが。。

この導きには、戸惑いももちろんあった。

もう既に、ヨガ、ドゥルパド、舞踏をやっていて、これ以上できない、でもこの踊り、なんだかヨガと舞踏の融合みたい。今までの身体鍛錬とシヴァへの愛をここに集結させろと言っているのか。でもキツそう!この歳でこれ始めるって。。。できるのか?

頭の中の議論はよそに、有無を言わせぬ力が私を動かし始めていた。


平成29年8月4日金曜日

Indian Sword Dance CHHAU Class チャウダンスクラス

チャウダンスのクラス始めます。剣舞とシヴァの舞を練習します。


CHHAU Indian Sword Dance


Saturday 10am-11am


at HAIKU (71 Russel St. West End)

$20 (No bookings necessary)


Contact: privateyoga@gmail.com
0432170087 (Yuki)

www.facebook.com/ChhauDance/

平成29年8月2日水曜日

CHHAU from "Dances of India" チャウダンスについて

私の人生に突然舞い降りてきたこのダンス。

去年ヴァラナシ滞在中、ダンスが大好きなサラスワティの3歳の誕生日にシェンが買ってきたこの本が、私とチャウと出会わせるきっかけに。

チャウの部分を訳してみました。


チャウ(現地ではチョウと発音)は、東インド、オリッサ州のマスク(仮面)ダンスは、武術に起源を持つ。チャウという言葉は、サンスクリット語のチャヤ、陰(かげ)に由来し、ダンサーがつけるマスクと関連している。ビハールと西ベンガルのチャウはマスクをつけて踊るが、マユルバンジのチャウは使用しない。伝統的には男性によって踊られ、オリッサのシヴァ崇拝と関わっている。床より高い舞台は必要とせず、地面でまわりに観客が座った状態で踊られる。

本質的には部族ダンスであり、太古の昔に太陽神を喜ばせるために行われた。この形式のダンサーの動きは、高いレベルのコントロール、バランス、スキルを必要とし、片足を胸の高さまで上げた状態で体の回りを回旋させながら、もう片方の足でバランスをとる。

ビハールのチャウは、綺麗なマスクをつけて踊られ、夜、月、太陽、自然などをテーマにしている。非常に叙情的なスタイルのダンスで、女性的側面を持つ。

西ベンガルのチャウは、精力的な踊りで、手の込んだマスクと頭飾りが使われる。とても男性的な踊りで、高いジャンプ、宙返りや何度も繰り返される回旋を伴う。ダンサーは男性で、強いスタミナとテクニックにおけるコントロールが要求される。ダンサーは、ガネーシャ、ドゥルガー、シヴァなどの神話のキャラクターを演ずる。このダンスの主な目的は、正義は悪に打ち勝つということを示すことにある。

伴奏音楽は、北インド古典音楽のラーガを土台とし、楽器は、ドールという太鼓や、シェナイという笛を用い、ダンサーの動きに力を与える。


Chhau or the mask dance of Orissa in eastern India had its origin in the martial art form. The word chhau originates from the Sanskrit word chhaya or shade in reference to the mask that the dancer wears. While the Chhau dance of Bihar and West Bengal makes use of the mask during the dance, the Mayurbhanj Chhau does not use masks. It is performed traditionally by men and is related to the Shiva cult in Orissa. No dais or raised platform is required as the dance is performed on the ground and the audience sits around the performer.

It is essentially a tribal dance performed in the olden days to appease the Sun-god. In this form, the dancers use movements that require a high degree of control, balance and skill. One leg is raised to the level of the chest, rotating it around the body while the dancer stands balanced on the other leg.

The Bihari Chhau is performed with pretty masks on and the dance is based on themes like the night, the moon, the sun and Nature. It is an extremely lyrical style of dance, almost feminine.

The West Bengal Chhau is performed with great vigour and with very elaborate masks and headgear. It is a very manly form of dance and entails leaps in the air, somersaults and twirls again and again. The dancers are male and require strong stamina and control over technique. The actors play the roles of Ganesha, Durga, Shiva and other mythological characters. The prime objective of this dance is to show that evil forces are vanquished by righteous forces.

The accompanying music is based on Hindustani raga and instruments like dhol, drums and shehnai provide vigour to the dance movements.

                                                                                               (From "Dances of India" by Arkriti Sinha)

平成29年5月11日木曜日

ただいま、日本

Myohonji temple, Kamakura

ゴールデンウィークは、家族とゆっくり過ごしました。写真は、新緑の綺麗な鎌倉妙本寺。

今週末、帰国後のお仕事1本目は、東京のリブウェル保育園でのコンサート。1歳児とそのママ達対象のプライベートコンサートです。先日1歳児の姪を相手にリハーサルしたら、最初は興味津々で、間もなく寝る、という良い反応でした♡

5/14は、堀田義樹さんとのコラボ企画。
https://www.facebook.com/events/1966945160196021/?ti=icl

5/17から3週に渡って、ヨガ教師サントーシマ香さんの養成コースにゲスト講師で参加します。
サンフランシスコ時代からの友人である彼女と、彼女のカナダ移住前に一緒にお仕事できて嬉しいです。

5/21は、カネコテツヤさんとドゥルパド。
https://www.facebook.com/events/1505099792842233/?ti=icl

5/26-28は、新潟、長野、金沢へ行きます。歌だけでなく踊りを取り入れた初の試みの企画です。
同じ企画を、6/3東京、こちらはダフネ・ツェさんとの二本立て、6/4は、札幌で行います。
https://info458795.wixsite.com/nadayoga2017

リンクが貼り付けてあるもののみ、まだ参加受け付けています。

自分のイベント以外にも、友人のコンサートなど、日本はイベント盛りだくさんで、どれも楽しみです。
色々なご縁に感謝しつつ、今回も滞在満喫します。

平成29年4月24日月曜日

日本の5月6月スケジュール

早いもので、日本行きまであと1週間。
日本の5月6月スケジュールです。
堀田義樹さん、カネコテツヤさん、ダフネさんとの共演や、初の試みである歌と踊りの融合も、楽しみです。


5/14 東京
『Nada Yogaワークショップ + キルタン、チャンティングコンサート』 

インド、オーストラリア、日本を行き来しながら活動を続けるタニグチユキさんを迎えて、NADA YOGA(音のヨガ)ワークショップを開催いたします。

インドに古くから伝わる様々な音のヨガの練習法など、たいへん貴重な機会となることでしょう。みなさまからの質問にお答えする時間も設けます。

第二部は堀田義樹とのキルタン、チャンティングコンサート。通し参加、一部 or 二部いずれかの参加も可能です。お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。



日時:

2017年5月14日(日)


会場:
Ito m studio
東京都渋谷区西原3-28-3
tel:03-3460-5015
代々木上原駅から徒歩約8分

一部:
『NADA YOGA ワークショップ』ユキ・タニグチ
受付 15:30
開始 16:00
終了 18:00

二部:
『キルタン、チャンティングコンサート』ユキ・タニグチ & 堀田義樹
受付 18:00
開始 18:30
終了 20:30

参加費:
一部 ¥4,500
二部 ¥3,000
通し ¥7,000

お申し込みフォーム:





5/21 東京
『DHRUPAD ドゥルパド 〜歌う瞑想〜 ワークショップ + コンサート』

音のヨガから発展した、北インド最古の古典音楽、ドゥルパド。
精神修行の道として始まり、宮廷音楽として栄え、その後一時衰退するも、その芸術性と精神性は世界に再発見され、復興と発展が続いています。伴奏には、重厚な音色の両面太鼓、パカーワジが使用されます。瞑想的な音の世界へ旅に出ましょう。

5/21(日)
15:00-16:30 ヴォイスワークショップ with タニグチユキ
17:30-19:00 コンサート
(17:00開場 )
タニグチユキ(ドゥルパド声楽)
カネコテツヤ(パカーワジ)

ワークショップ ¥ 3500
コンサート ¥2500
両方参加 ¥5000

予約、お問い合わせ:privateyoga@gmail.com

Studio SOUND8
東京都台東区浅草橋1-9-1
柳橋ティーアイビル1F
(浅草橋駅から徒歩3分)
Tel: 03-5829-4329



5/26 新潟   5/27 長野   5/28 金沢   6/3 東京   6/4 札幌
『Nada Yoga 歌と踊りと瞑想のワークショップ』Daphne Tse / Yuki Taniguchi

詳細はこちらをご覧ください。